二人の背中

二人の背中

 

先日
隣の家に住む農場主のお母さんが
突然お亡くなりになりました
91歳という長寿のお母さんでした

 

お亡くなりになった日も
いつものようにテラスでゆっくりくつろいでいて
いつもと変わりない日でした

 

あまりにも突然すぎて
農場主家族も困惑していたと思います

 

亡くなってから3日間は
棺に入っている状態で家の中で
安置され、親交のあった方々がその姿を見に来ます
そういう習慣が欧州にはあるようです

 

僕も
関係が深かった訳ではありませんが
最後の姿を一度だけ見に行きました

 

僕の祖母が小学生のころ
亡くなった時のことを思い出しました

 

何とも言えないもどかしい気持ち

 

僕の祖母のときは
直接その姿を見なかったので

今回このような形で
見ることになり

 

複雑な感情でした

 

僕はこの考えを大事にしています

“人生には締切がある”

人には死があり
永遠ではないと

 

だからこそ
“今”
を大事に
“身近の人”
を大切に
しなければならない

 

そんなことを改めて感じさせられました

 

3日後
お葬式が行われて
親族・友人などが集まり
話には聞いていましたが
お母さんは5人の子だくさんの母だったということ
を実感しました

 

そのとき
農場主、その奥さんの姿、背中は
元々がたいの良いお二人なのですが
大きく見えました
悲しそうにも見えました
何を言えばよいかわからない(言葉がわからない)

 

約40年くらい
一緒に生きてきて
もう何も言わなくてもお互いのことがわかるだろうなと思います

 

理想の夫婦像
そのような感じです

 

その翌日からは
何もなかったかのように
いつものようにお仕事を着々と

 

そんな二人の背中を
追い続けたい
手助けしたい

 

そう思いました

 

f:id:shirakenji0527-0827:20180905044632j:plain

 

やっぱ農家はスゴイ

今までで一番と言っていいほど

 

“とにかく時間が過ぎるのが早い”

 

研修は既に半分以上が終わり
後半戦に入っています

今までもこんなときがありましたが
最速です

 

基本的な生活は
月曜から土曜
7時~8時 仕事
8時~9時 朝食
9時~12時15分 仕事
12時15分~13時 昼食
13時~13時30分 休憩
13時30分~18時30分 仕事
18時30分~ 自由時間

日曜(2週に1回土曜日も)
休み

ですが
改めて考えてみると
とても時間がない!

 

実際、仕事がきつめのときは
疲れで仕事後は眠いです

にもかかわらず
農場主、その奥さんは
月曜日には仕事・配達含めて
24時or 25時まで働いているときもある

 

スゴスギル

 

どう生きてきたら
こうなれるのだろう???

日本でもそうだったが
農家さんは強い!!

 

話を戻しますが
時間がない原因
やるべきことはあるのに
ダラダラ過ごしてしまうのが
僕のダメなところ

 

至って単純

ダメな人間の典型的な習慣です

 

高校生のときも
そうでした

授業の後
部活をやって
勉強したいが、眠気に負ける
授業中も居眠りを...

なにも変わっていません

 

つまり
僕にとって
学問と運動
世に言う“文武両道”
のようなものは出来ていません

 

でも
僕はその文武両道を目指しています

 

なぜなら
僕の目指す農家という職業は
究極の文武両道だから

農作業でたくさん体を動かして
農作業以外にも
事務仕事、組合関係、田畑の状況把握からの次の作業何をするか判断
多種多様です

 

頭も体も使う

 

自分が農家になったときを想像して
練習だと思って頑張りたいです

 

f:id:shirakenji0527-0827:20180905044948j:plain

 

鎖国日本

本当に来てよかった海外

 

というのは
すでに日本では得ることの出来ない
価値観・考えを得ることができたから

 

そして
試練に立ち向かう、向き合うことができるように
なりつつあるから

 

日本であったら
ほとんど日本語だけに触れ
同じ文化の中で普段を暮らしていていると
と考えると

どうなっていたのだろうと思います

 

海外の文化、言葉、人に触れることのできない
といっても過言ではない日本
だと感じています

 

つまり
日本はまだまだ鎖国状態なんです

多くの外国人観光客が来ているとはいいつつも
世界で最もポピュラーな言語
英語
を話すことができる日本人は少ないと思います

 

そんな状況で
外国人を向かえるのは難しいですよね

 

現在働いている農場でも

農場主の息子さんに

鎖国状態っぽいよね

というようなことを言っていました

 

他にも
英語表記の標識の少なさ
など

ヨーロッパなどでは多くの場所にあるものが
ないです

 

僕は
今まで、日本がやってきたことを否定しているわけではなく

これからの日本を危惧しているのです

これまで日本が培ってきた文化・伝統・自然など
今まで多くの外国人はそれを見てこなかったため
どんどん外国人観光客が新たな景色を求めに来ています

 

もちろんそれだけの理由ではないと思いますが
新たなサービス・楽しみ
を増やしていかなければ
永遠と観光客が増えていく訳ではないので
停滞していくでしょう

 

スイスも世界有数の観光立国ですが
新たな景色を多くの観光客に見せるために
新たなロープウェイの建設など
努力しているみたいです

 

そのような問題も発生するでしょうし
2020東京オリンピック
で大きく動き出すのではないか
と僕は思っています

 

鎖国から開国へ

 

日本が日本の中だけで終わる時代は終わります

もっと国際的になるべきです

 

だから僕はもっと海外で頑張ろうと思います

 

f:id:shirakenji0527-0827:20180905044528j:plain

 

観光について

観光を素直に楽しめなくなった

 

そう感じたのは、1週間の休暇が終わった後

スイスの観光名所
ルガーノロカルノ、ザンクト・モリッツ、ツェルマット、モントルージュネーブ、インターラーケン
と色々と見て

スイスを観光の面からすべて見たのではないかと
思ってしまった

 

実際は全然そんなことないのですが
十分だと思った

 

なぜなら
観光とは、ものを見るだけだから

観光名所にあるガイドを見ても
よくわからない現状を考えると
実際は、見物して終わり。
そして、次の場所へ

 

なかなか、新たな価値観や発見ができない
そもそも、そんなのは観光だけではなかなか出来ないのではないか?
と思います

 

僕はもっと人と話すことや
多くのことを経験しなくてはならない

 

ただ
ノリが悪い
面白くない
人間にはなりたくないので

 

しっかり、こっちでやりたいことはまとめて
書き留めておいて
もっともっと楽しい研修に
できるよう
頑張りたい

 

言葉を一番頑張らないと
先には進めない気がする

 

f:id:shirakenji0527-0827:20180905044938j:plain

 

日本の嫌なところ

海外に来て
日本を俯瞰的に、少し客観的に見ることが出来て
個人的に日本の嫌なところ(人によってはいいところ)が
直した方がいいのではないかと思うところが
出てきたので、羅列します

 

本当に世界には、知らない世界・文化・習慣があるので
必ずしも直さなくても問題ありませんが
知ることにデメリットはないと思います

 

・休みが少ない、働きすぎ、残業ありえない!
 しっかりと休暇を取りましょう!
 24時間営業のお店なんてなくても生きていける
 毎日仕事!仕事!仕事!は全然カッコ良くないし、美徳でもなんでもないです

 

・空気を読む、周りに合わせることは必要ない
 そんな面倒なことはしない、場の空気わかる訳ない

 

・日本人は恐らく環境に甘えすぎ
 自分のことは自分でなんとかしましょう
 相手に察してもらうことなんて、他人任せ

 

・言葉数が少ない
 細かいニュアンスの違いで、誤解されます
 何か説明するときは省略せず、丁寧に伝えましょう
 思っていることは、しっかり伝えましょう

 

・目を合わせて、話しましょう
 印象が変わると思う

 

・もっと日本人としての自覚を持つべき
 世界の多くの人が日本に関心がある
 そして、人に教えられるくらい知っておくべき

 

・英語の重要性に気づくべき
 よく英語で話しかけられる(笑)

 

・営業スマイルいらない
 別に求めてない(笑)
 心を蝕むだけ

 

・学校の成績がすべてではない
 そういう評価をしてない学校もある

 

・年齢なんて関係ない
 上下関係を重視しすぎ

 

今のところ、こんな感じですが
僕が帰国する頃にはまた増えているでしょう(笑)

f:id:shirakenji0527-0827:20180806003701j:plain

 

自分の弱さ

僕は弱い

 

メンタル、体力、筋力、学習能力、状況判断能力、行動力
そして、顔が弱々しい(泣)

 

そして、強くなりたい

 

海外研修開始から5ヶ月
環境がとても大きく変わって
正直、もっと早く僕の中のルールが変わることが出来ると
思っていた

 

甘ったるい考えだった

 

日本人特有?の
環境に甘えて、満足もしくは追求しなくなるところ
が出ていたと思う。

 

今まで行ったことのなかった海外に行けば、何か変わると思っていた
そんなに簡単にできるなら、誰も苦労しない

 

僕は日本にいたときと何ら変わっていない

 

自分に甘いところ
毎日コツコツができない
ネガティブ
女子苦手
周りに合わせがち
など

 

僕はこの研修で大きく変わらなくてはならない

 

なぜなら
日本一の農家になるには
このままでは非常に難しいと思うから
そして、日本の中で
僕の中の直したいところ直すことは難しいと思うから

 

だから、この1年間の研修で
変革を起こして
帰国したい

 

多くのお世話になった方々の期待に応えるため
このままでは帰れない

 

もう、8月
もしくは
まだ、8月

大きな違いがある

 

弱くては
見せる顔がない

 

ここが踏ん張りどころということだと思います。
最低限の言語・生活・仕事は出来ているが、自分らしさ、指示以上のものをできていない
やりたいことが減ってきた
そろそろ研修中間地点
ドイツ語だけでなく英語も必要だと感じた
(ドイツ語を母国語としている人々は世界で約1億人しかいない)
なんとなく、碧南・鈴盛農園での研修での失敗がここでもしている気がする
自分の直した方がいいところがわかってきた
色々省略しがち

 

現状はこんな感じです

 

僕が弱いということを皆さんに知ってほしかった
それだけです(笑)

f:id:shirakenji0527-0827:20180806003716j:plain

 

“苦しむこと”はとてもよいことだと思う

私は
苦しんでいるとき
とても生きている!人間である!
と感じています。

 

そして、少し幸せであると感じるようになりました

 

例えば

今自分は農業をやっているなかで
熱い中
辛い姿勢になったり
重いものを持ったり
ひたすら、同じ作業を繰り返したり

わからない言語に向き合ったり

上手くいかないことが多かったり

壁にぶつかっています。

 

なるべく楽をしたいというのが
人間の本音だと思います。

 

が、楽をするほど
人間が人間でなくなっていく気がします

 

いくらでも楽はできます
働かずに親に面倒をみてもらい、日中はゴロゴロする

 

それは生きているとは言えないでしょう

 

今の時代、ある人は自分が生きているというのを認識するために
手首を切るというのを聴いたことがあります。

 

そんなことになっているのは
色んな苦しい、面倒なことから逃げているからだと
ぼくは思います。
なるべく人と接しないで、穏やかに
食事は自分で作らず、出来合いのものを
仕事は単純明快なものを
選ぶ。

 

人は“意志”を持ってこそ

様々な苦しいことを乗り越えて

(意志があれば何もかも上手くいく訳ではないから、必ず苦しむと思う)

人は大きく成長することが出来る
強く人間らしく生きることが出来ると思います。

 

飽くなき向上心と強い意志、それを実行する能力
それらを持ち続けていきたいです!

f:id:shirakenji0527-0827:20180605052937j:plain